バンコクライフ

    バンコクで賃貸を探すときってどんなことに注意点すべき?

    こんにちは、ないけんバンコクが皆様により良いバンコクライフをおおくりいただけるよう、様々な情報を提供するすみナビ編集部です!

    今回は、春の異動などではじめてバンコクに住むことが決まったら、賃貸を探す場合どのような点について注意すればよいかについてお伝えしたいと思います。日本とは違う入居前の準備や、お部屋探し、そして賃貸する上でよくあるトラブルなどをご参考いただき、皆様の快適なバンコクの暮らしをお手伝いできたらと思います。

    なにが必要?バンコクで賃貸をする時に準備しなくてはいけないもの

    勝手のわかった日本とは違いここは外国。バンコクで賃貸をするとき予め必要なものについて知っておきましょう。

    パスポート

    顔写真のあるパスポートのページのコピーが必要になります。日本では免許証や印鑑がいろんな証明として使われますが、海外ではパスポートが身元証明として必要になります。

    予約金(手付金)

    予約金はいわゆる気に入った物件を押さえるための手付金です。良い物件には当然人気が集中してきますので、お金を払って仮押さえします。予約金は物件により異なりますが、一般的に「20,000バーツから賃料1か月分」が目安といえるでしょう。この予約金につきましては、お客様のご入居後に全額返金されるか、または初月の賃料と相殺されます。

    <注意> 予約金お支払い後、ご予約をキャンセルなさった場合、予約金は返金されません!予約金をお支払いするということはほぼ確定というスタンスになるかと思います。

    事前に把握しておきたい!バンコクで賃貸を探すときの注意点

    バンコクで賃貸を探すときはどのような点に注意すればよいでしょう。これは物件が決まってから入居時に確認することでもありますが、入居後、退去時に関係してくることも含まれますのでご参考ください。

    お部屋の状態

    これは弊社でも予め確認しております。お部屋のキズや汚れ、シミなどをチェックしておきましょう。お部屋の状態は退去のときに関係することがありますので、そのお部屋に決まって入居するとき、キズや汚れがある場合は、元からであることを証明するためスマートフォンなどで撮影しておくのが良いでしょう。

    電化製品の動作

    まずエアコンのチェックをしましょう。南国のタイでは冷房がとても重要ですね。部屋がきちんと冷えるか、エアコンからの水漏れはないかなどチェックしましょう。

    そしてテレビの映りとリモコンの動作確認、洗濯機の動作確認、洗濯機はドラム式洗濯機やドラム式乾燥機などもありますので、使ったことのない方は使用法なども尋ねておくと良いですね。

    キッチンでは物件によって設備が異なりますが、電子レンジ、オーブン、湯沸かし器なども故障がないか確認しましょう。

    その他お部屋の照明もちゃんと灯りがつくかチェックしましょう。

    水回りの状態

    タイを旅行したことがある方はホテルなどでご経験があるかもしれませんが、排水については流れが悪いお部屋がときどきあります。シャワーブースなど浴室の排水口が詰まりや、キッチンのシンクの流れの状態はよくチェックしておきましょう。

    ドア、家具などの状態

    ドアの開閉がきちんとできるか、また、クローゼットの開閉がスムーズにできるかなどチェックしましょう。

    セキュリティ

    物件のセキュリティについては、弊社のご案内する物件ではほぼ24時間警備の物件ですが、物件によって警備体制は異なります。セキュリティシステムなどもどのようなレベルであるかなど知っておくのも良いでしょう。

    周辺環境の治安

    弊社では日本人が住むにあたって治安に不安のあるエリアの物件をご紹介することはありませんが、候補となる物件がありましたら、ご自身で物件周辺などをチェックしてみるのがよいでしょう。例えば野犬が集まっている、夜は街頭が少なく暗い、近所にクラブがあり夜になると音楽がうるさいなどの情報を得ておきましょう。

    ここは異国〜バンコク賃貸でよくあるトラブル

    バンコクの賃貸物件に住むと日本では経験のないトラブルが起こったりします。バンコク賃貸をするときの注意点についてお伝えしましたが、ご入居に際しての事前確認などによってトラブル回避につながることもありますし、この項目でご紹介するバンコク賃貸でのありがちなトラブルについて、日本とは違ってどのようなものがあるか知っておいていただくのが良いでしょう。 ただ、この辺りは世界的にみても管理体制が徹底している日本と同じレベルで考えるのは難しいものもありますが、ないけんバンコクではご入居後についきましても日本人目線でお客様をサポートしてまいります。

    お部屋の設備に関するトラブル

    よくあるのはエアコンの不調で室内が冷えない。そして水漏れなどです。これは配管の汚れなどでホコリが詰まってうまく冷房が効かなかったり、水漏れが起きたりします。物件スタッフで対応できればよいですが、エアコンそのものに問題がある場合はメーカーに来てもらう必要があります。

    実際なかなか不具合が直らず何度も立ち会いに時間を作らなくてはならず、結局最終的にメーカーに来てもらったなどの事例があります。水漏れは主にホコリなどの詰まりが原因ですが、配管そのものに問題があった場合は厄介で工事の必要があります。

    対人トラブル

    近隣住民とのトラブルで、日本でも起こることではありますが、特に多いのが騒音でしょう。外国人は日本人のように音について神経質でない人が多く、ドアを開けっ放しで生活したりなどノイズに関する感覚が日本人と違うので難しい部分があります。 そしてこれはオーナーが部屋ごとに異なるコンドミニアムで起こりがちなことですが、退去時の原状回復工事の費用をめぐるトラブルで、高すぎる工事費用を請求されたなどのトラブルがあります。

    この他にもバンコク賃貸でおこりやすいトラブルについて詳しくまとめた記事がありますので、こちらもご参考いただけると幸いです。

    まとめ

    以上バンコク賃貸での注意点についてお伝えいたしましたが、特にはじめてバンコクに住まれる方の場合は、タイの生活習慣やタイ人の持つ文化や価値観との違いによるストレスを経験することもあるかと思います。

    しかしせっかく異国に住むという素晴らしい機会です、日本の感覚を通すだけでなく、郷に入れば郷に従えの精神でもってタイという国を知っていくことで、バンコクの生活をエンジョイしていただけたらと思います。もちろん入居後の物件に関するトラブルやお困りのことはないけんバンコクまでご遠慮なくご相談ください。

    関連記事

    1. バンコクライフ

      タイランドパスが7月1日より撤廃となりタイ入国がほぼコロナ前となりました

    2. バンコクライフ

      タイで新型コロナウィルスのワクチン接種開始!バンコクの警戒レベルはオレンジゾーンに引き下げ

    3. バンコクライフ

      コロナ新種のオミクロン株発生にともなった日本政府の水際対策強化