バンコクライフ

    タイで新型コロナウィルスのワクチン接種開始!バンコクの警戒レベルはオレンジゾーンに引き下げ

    こんにちは、ないけんバンコクです。3月になりタイは夏入り。徐々に気温が上昇しており真夏に近づいています。

    タイではコロナのワクチン接種が開始されました。また、バンコクの警戒レベルはレッドからオレンジゾーンへ下げられ、ほぼ平常の生活が戻っています。

    そんなタイの近況について少し触れてみたいと思います。

    非常事態宣言の延長

    1年間延長を繰り返している非常事態宣言ですが、今回も3月末までの延長が決まっています。

    バンコクのコロナ警戒レベル

    バンコクの警戒レベルはレッドゾーンでしたが、連日の新規感染者数が10人を切っていたため、2月後半の段階で、オレンジゾーンに引き下げられました。このため、飲食店での酒類提供が可能となり、バー、パブなどのカテゴリーが営業再開となっています。

    ワクチンの到着と接種

    先月2月24日、中国からシノバック・バイオテック製のコロナワクチンがスワンナプーム空港に到着し、プラユット首相らが出迎えました。

    また、英製薬大手アストラゼネカのワクチンも到着しています。

    そして3月1日より、パトゥムタニ県、チョンブリ県の医療従事者や行政官などからワクチンの接種が開始されました。

    まとめ

    ついに始まったワクチンの接種。国をまたぐ移動に関する大きな第一歩を踏み出したといえるでしょう。

    ワクチンパスポートの実施も検討されている今後のタイの動きが注目されます。

    関連記事

    1. バンコクライフ

      ハイシーズン到来!乾季に入ったタイと現在の新型コロナ状況

    2. バンコクライフ

      バンコクで日本語が通じる病院!赴任が決まったら要チェック!

    3. バンコクライフ

      新型コロナウィルスが変えた2020年のタイを振り返って